ホームページ作成で大事なSEO

内部リンクをしっかり行う

内部リンクを行う上では、リンクするページのURLミスに気を付けてください。せっかくクリックしたのにアドレスが間違っていて「Not Found」の表示が出てしまった場合は、ユーザーはまた同じ事が起こ…

Read more

記事の文字数はなるべく多い方が良い

2000年代に某サーチエンジン会社が「被リンク数が多いページ・サイトを優遇する」という仕組みで検索結果の品質を高めました。しかし、それを逆手にとって様々な企業がグレーなリンク売買事業を行うようにな…

Read more

テーマは1つに絞る事

順位争いは熾烈になってきている

CMS(ホームページ作成ツール)がまだ普及していなかった頃は、個人でもビッグキーワードでサーチエンジン上位を狙う事が可能でした。しかし、2000年代半ばにブログという誰でも簡単に操作できる無料CMSが登場した事でその状況が一変します。個人がブログ操作画面で1日ページ作れば簡単に1万ページ・2万ページ規模のブログメディアに育てていける時代となり、ビッグキーワードで上位を狙うのは難しくなりました。2010年代に入るとCMSの種類が増えた事でさらにCMSが普及し、サーチエンジンの上位争いはどのキーワードでも熾烈になってきています。そんな中、1ページ毎に1つのテーマを設けてホームページを作り上げていく姿勢が求められていますが、その形をとるとどんなメリットがあるのでしょうか?

テーマを1つに絞る事のメリット

各ページのテーマを1つに絞る事には幾つかのメリットがあります。まず、サーチエンジンのロボットはページのアドレスがどうなっているかも気にする中、URLにキーワードを含んでいるページを優遇する傾向です。そんな中、テーマを一つに絞って各ページのURLにキーワードを含ませておけば、関連するキーワードで大幅な順位アップを狙える可能性があります。また、メータタグのTITLEタグに長いキーワードを入れたとしても、サーチエンジンのロボットが気にするのは最初の30文字程度です。この最初の30文字くらいの中に欲張って様々なキーワードを入れようとしてもなかなか難しい部分があるといえます。そのため、各ページのテーマを決めてTITLEタグにはメインのキーワードにプラスにしてサブキーワードを可能な限り挿入するスタイルにしてみてください。この形をとれば、複合キーワードでユーザーが検索した際に各ページがサーチエンジンに引っかかりやすくなります。

被リンクを増やす方法について

他のホームページ作成者やブログ作成者と交流を取る

自分が運営しているホームページの検索順位を上げるためには、被リンクを増やすことも大事です。被リンクが多いホームページはそれだけ周りから高い評価をもらっていると判断されるので、検索順位にも良い影響を…

Read more

ためになる情報を提供する

ホームページのアクセスを増やすためには被リンク数を多くすることが重要です。外部サイトから多くリンクされれば検索エンジンからの評価が高くなりSEOの面で有利ですし、ネット上での知名度も向上します。で…

Read more

自分で被リンク用のブログを作成する

ホームページの被リンク数を増やすためには、ある程度の時間が必要になります。というのは自分以外のページ運営者に「このサイトは有益だ」と認められる必要があるからです。では、そういった時間がもったいない…

Read more

ホームページ作成とは何か?

ホームページ作成は、企業にとって大きなメリットがあります。企業紹介だけでなく営業ツールにもなり、集客や売上アップに繋がります。更に対内的には社員教育などにも使えるので、自社の戦力向上にも活用できます。