記事の文字数はなるべく多い方が良い

サーチエンジンのロボットは賢くなっている

2000年代に某サーチエンジン会社が「被リンク数が多いページ・サイトを優遇する」という仕組みで検索結果の品質を高めました。しかし、それを逆手にとって様々な企業がグレーなリンク売買事業を行うようになり、質の低いサイトでもお金で高い順位を確保できる時代に入ってしまったところがあります。そして、被リンク数が多いページ・サイトが必ずしもユーザーにとって「良いサイト(ページ)」とは限らなくなってしまいました。そんな中、サーチエンジンロボットは、ユーザーが検索から特定のページにアクセスしてどれくらい滞在したかを分析できるようにまでなってきています。そしてユーザーが長時間滞在し続けたページ・サイトが有利になってきているため、文字数を多くして短時間でユーザーが離脱しないようにする事が大事です。文字数の少なさが要因ですぐに離脱してしまうようだと、価値の低いサイト扱いされてサーチエンジンからの評価を上げられません。

文字数が多ければサーチエンジンに引っかかりやすい

日本国内には1億人以上の人々が生活しており、PC・スマートフォン・タブレットから毎日様々なキーワードでの情報検索を行っています。さらには、日本文化に興味を持ち、日本のサーチエンジンで見つけたページを翻訳して閲覧している外国人も増加中です。なお、人気ワードに関しては、単一語句ではなく第二・第三の語句も含めた複合キーワード検索をする人がたくさんいます。そういったことをふまえ、特に1日の検索回数が多いビッグキーワードに関連するページに関しては、出来るだけ文字数を多くする形をおすすめします。何故なら、たくさんのキーワードを含めておけば、単一語句検索で上位をとれないとしても、複合語句検索した場合に上位に入れる可能性があるからです。

ホームページ作成の実績を紹介しているページを確認します。実際のデザインを比較して、イメージに合ったサイトを作ってもらうのがいいでしょう。